【MAISON KITSUNÉ】 新規取扱ブランド・1stデリバリーは・・・

【MAISON KITSUNÉ】 新規取扱ブランド・1stデリバリーは・・・

By 宮村 仁規

仏語と日本語が混在した独特なブランドネーム。
そのネーミングに負けない、ユニークでセンスあるコレクションで世界を虜にするブランドがSTUDIO84に仲間入りしました。

そのブランドのファッション活動は、ジルダ・ロアエック氏黒木理也氏を中心に行われております。
前者は、フランスハウスシーンの御大、ダフト・パンクのマネージャーを務め、自身もDJとしてプレイ。音楽レーベルも立ち上げるなど、珍しい経歴。
黒木氏も負けず劣らずのユニークな経歴の持ち主。12歳で渡仏し、主に建築畑で活動。
その後2人は出会い、1つのブランドが誕生しました。

ブランド誕生までの流れを知ると、そのネーミングにも納得頂けるかと思います。

『MAISON KITSUNÉ』

「仏語 / メゾン」と「日本語 / キツネ」。
ブランドの設立は2002年パリにて。ファーストアイテムのスウェットが『A.P.C.(アー・ペー・セー)』の店頭で発売されたことで話題に。
2005年には初のコレクションを発表。ファーストコレクションから3年後の2008年、パリに直営店、さらにニューヨークへも出店。2013年には東京・青山へも進出しています。
ブランドネームを掲げるカフェを日本でオープンしたり、音楽のイベントを世界的に開催するなど、ファッション以外でも注目を集めることも多いですね。
-----
彼らが設立から掲げているテーマが“ニュークラシック”。それは今も変わりません。
フランス、日本、イタリアのクオリティの高い素材を駆使し、音楽やアートといった他ジャンルからの刺激を落とし込んだユニークなデザイン、そして計算し尽くされたシルエットによって表現されるコレクションは、見るものを魅了してやまないのです。


そんなブランドからの入荷第1弾は.....

MAISON KITSUNÉとEASTPAKがタッグを組み制作したエクスクルーシブ・コラボの2アイテム。
老若男女問わず、一度は見たことがあるであろうバッグブランド、『EASTPAK』の現行モデルがベースとなっています。
テキスタイルは、2017年の秋冬から登場し人気を集めているキツネカモ。
その中から、バックパックとトートバックをSTUDIO84ではチョイスしました。

バックパック ¥14,040 (税込)


トートバック ¥15,120 (税込)


キツネを散りばめた「カモフォックス(Camo Fox)」と呼ばれる柄。そちらを採用したこちらのバッグシリーズとなります。
両バッグのハンドル部分には、「MAISON KITSUNE」のロゴが大胆にあしらわれたレッドカラーのヒモがあしらわれています。生地はもちろんですが、この「赤」のデザインも目をひきますよね。

『EASTPAK』の代表モデルをべースに、シックでスポーティという2つの要素を併せ持つ「メゾン キツネ」らしいアイテムで、スタイルにちょっとした“アクセント”と“変化”を加えてみてはいかがでしょう。

STUDIO84では、日々の新作入荷、スタイリングなどを公式インスタグラムを通じて、いち早く発信させて頂いております。
最も更新頻度が高いSNSがインスタグラムとなりますので、ぜひともチェックしてみてください。
STUDIO84の公式インスタグラムはコチラから。

☆☆☆☆☆☆
STUDIO84(スタジオハチヨン)
石川県金沢市竪町84 エスヤビル1F
076-213-5513
https://www.studio84.shop
☆☆☆☆☆☆    

第四回WHCチャリティーコンペ(番外編: INスタート組)

今回で最終回となる『第四回チャリティーコンペ』のブログはご覧いただけましたでしょうか。 まだの方はこちらからご覧ください。 今回は皆さんの珍プレー&好プレー特集(INスタート組)です。 ※前回書いた...

中野 一樹 ブログ

第四回WHCチャリティーコンペ

2018.5.2(日) 石川県の片山津ゴルフ倶楽部で行われた『第四回WHCチャリティーコンペ』の様子をブログでご紹介したいと思います。 WHITE HEAD CIRCLE(WHC)とは、、 WHI...

中野 一樹 ブログ

【GENTIL BANDIT】 エレガントでラフ。ファブリックとディティールの絶妙なバランスで魅せるバックパック

バッグは昔から大好きです。バックパック、ショルダーバッグ、トートバックと、その時のファッションの流れ、自分自身のスタイルの変化によっていろいろと使ってきました。バッグを選ぶポイントとしては、気負いなく...

宮村 仁規 ブログ