【GENTIL BANDIT】 光のあたり方で微妙に表情を変えてくれる黒カモトート

【GENTIL BANDIT】 光のあたり方で微妙に表情を変えてくれる黒カモトート

By 奥谷 憲司

約1ヶ月前、《GENTIL BANDIT》から、とあるニュースが舞い込んできました。

それまで、カーキカモとグレーカモの2色で展開してきたという同ブランドから、新色《BLACK CAMO COLLECTION》が発売されるというニュース。案内があったその当日にブログにアップされ、スタッフ間での「いいよね!買う?買うよね?買うんでしょ!?どれ選ぶの?」という呪文のような言葉が自分の耳をかすめます。記憶が戻ったときには二つ返事で個人オーダーをしていました。

それから約1ヶ月。手元に届いたのがコチラ「GB1981-MM / トートバッグ Mサイズ ブラックカモ」。

プライベートでも一眼レフを持ち歩くことが多く、ある程度の収納性が必要なこと、最近まで使っていたトートが便利だったので、次もトートが欲しかった…というのが購入の大きな理由です。 

本来であれば、クッションが装備された専用のカメラバッグに入れるのが当然なのですが、車移動が中心である北陸に引っ越しましたし、さらに、大きなカメラバッグを持ち歩くのが苦になり、いくつかあったカメラバッグをすべて処分していました。その代替品を探していたという経緯もあります。

「ある程度の収納性がありつつも、大きすぎない」という相反する希望に応えてくれるのが、このトートバッグのポイントです。


実は過去にバックパックなども使っていたことはあるのですが、サッとカメラを使いたいときに、毎回肩から下してジップを最大まで開け、カメラやレンズを取り出す作業がすごく面倒でした。そこで今回はあえてトートを選んでいます。

また、購入前に気づいていたのですが、こちらのモデル、間口にジップなどは付いていません。でもカメラ本体を金属のジップでこすってしまい、傷だらけにすることも多々あったので、今回は気にしないことにしています。

常に持ち歩く荷物はおおよそこれくらい。
財布や簡単なノート、一眼レフ本体、レンズ2~3本。あとは車のキーやSDカード、バッテリーなどの小物。
カメラを持ち歩く人の荷物とは到底思えない、かなり怠惰でシンプルな装備なのがお恥ずかしいかぎりです。

これらを全部入れると、これくらいの収納スペース。
カメラやレンズ同士が振動でぶつからないよう注意して歩く必要はありますが、個人的には十分な大きさです。

個人的にちょっとうれしかったのが、「荷物を入れても入れなくても、きちんと自立してくれる」こと。
トートバッグってデスクや助手席などに置いた際に、その重みに負けて、つぶれて倒れてしまうことが多くないですか? 
こちらのバッグ、嬉しいことにちゃんと立ってくれるんです(笑)。

自分が荷物を入れすぎなことには目を背けて言いますが、この「自立」は個人的に嬉しい誤算でした。デスクに置いたとたんに「ヘニョ」って崩れると、テンションもダダ下がりです。

ポケットと呼べるポケットは潔くこの1ヶ所のみ(笑)。でも取り出しやすい位置にあり、スマホやペンなどを入れるには充分です。

そういった理由から、「車移動が前提」「そこそこの収納性」「デスクの上で自立する」という、自分がおさえておきたいポイントをカバーしてくれるこのバッグは、買って正解だったと断言できます。

黒カモの落ち着いたトーンは、派手過ぎず地味すぎず。光のあたり方によって、微妙に表情を変えてくれます。生地は本革ではありませんが、某大手ブランドで使っているものと同等と言われる、信頼のおけるもの。

欲を言えば…という点もアラさがしをすればいくつかはありますが、このバッグの最大のウリはやはり落ち着いた黒カモの雰囲気と、値段を気にせずに使える手軽さ。それから、ひとつひとつ施されたオリジナリティの高いペイント。「他人とはちょっと違うモノを持っている」という所有感だと言えます。
小物などはbag in bagで対応して、長く愛用していきたいですね。

STUDIO84では、日々の新作入荷、スタイリングなどを公式インスタグラムを通じて、いち早く発信させて頂いております。
最も更新頻度が高いSNSがインスタグラムとなりますので、ぜひともチェックしてみてください。
STUDIO84の公式インスタグラムはコチラから

https://www.instagram.com/studio84.shop/


☆☆☆☆☆☆
STUDIO84(スタジオハチヨン)
石川県金沢市竪町84 エスヤビル1F
076-213-5513
https://www.studio84.shop
☆☆☆☆☆☆