【CAPE HORN】 徹底解析② -10℃対応モデルSTORM (ストーム)

【CAPE HORN】 徹底解析② -10℃対応モデルSTORM (ストーム)

By 正田 健二

先日ご紹介した“CAPE HORN”の「MISTRAL/ミストラル」に続いて、今回ご紹介するのは、マイナス10℃対応のタウンユースライン の「STORM/ストーム」です。

まず一番気になる商品自体を見て頂きたいのですが、その前にお伝えしたい情報があります。
「STORM/ストーム」の特徴である表地と中綿についてです。

表地には高密度コーデュラナイロン、中綿にダウンではなくポリエステル素材が採用されているということ。

この2点を知った上で、ご覧ください。

高密度コーデュラナイロンは、アウトドアやバッグのアイテムに携わる有名なブランドで採用されることも多く、耐久性・耐水性に優れるというのが特徴。
世界各国を旅する冒険家が手掛けるという、その素材選びと性能、徹底したこだわりともいえる品質は間違いないと感じます。

高密度であることにより、防寒はもとより、生地を触った瞬間の音とサラサラとした手触りは、非常に心地よさを感じるかと思います。
また中綿の違いにより、シャープなシルエットに仕上がっているのではないでしょうか?

前回のミストラルと比較した場合、ダウン独特のモコモコした印象ではなくなっていますが、この「STORM / ストーム」も「MISTRAL / ミストラル」と同様にマイナス10℃に対応しています。 

表地に採用されているのは高密度コーデュラナイロンでしたよね?

風も通しにくく、暖かさは十分に保たれます。でも「室内に入った瞬間に暑くてたまらない」という感覚にはならないでしょう。
極端に暑すぎるものですと、脱いでからが寒く感じるということがあるかもしれないので、インナー選びの幅も広がりますね。

内ポケットも十分なサイズになりますので、厚手の手袋等も入れておけますね。


外側の両ポケット内部にはスーパーマイクロファイバーが採用され、手を入れたときの包まれる様な暖かさは気持ちが良いです。また、首元付近にあるペンポケット付近にも取り入れられることで、「手袋を外してペンを取り出す」際等、ちょっと触れたりする時の冷たさ等も抑えられます。 

クリエイティブディレクターの優しさまで感じますね。

フードの取り外しも可能で、自由度の高い使い方ができます。
内フードのボタンを部分的に外し、赤い部分を見せるようにするとアクセントにもなりますし、きっちり取り付ければ、吹雪いていても暖かく着られそうですね。

「STORM/ストーム」を見ていて、個人的に一番気に入った部分がありました。

袖口にはストレッチ性の高いライクラ素材が用いられているんです。
まさに「素晴らしい」の一言です。正直なところ、袖を通した瞬間に「個人的に持っているアウターにも取り付けられないだろうか?」と一瞬考えてしまったほどです。

それほどまで袖を通したときに心地よさが伝わってきました。
その袖口の拡大が次の写真になります。

ライクラ素材の特徴としては、肌触りの良さとフィット感。シワになりにくく耐摩擦に強い。また吸湿性と速乾性に優れていることなどが挙げられます。

そこで、ストレッチ性もお見せできればと思い、軽くつまんでいますが、ほとんど力を入れてないのにかなり伸びます。
ストレスの無い手首への密着が、暖かさを逃がさないのはもちろんのこと、サラサラで非常に良く伸びる心地良さは、やはり「素晴らしい」の一言でした。


ポケットやフード、素材、シルエットに至るまでクリエイティブディレクターの優しさや、妥協しないで向き合って生まれた素晴らしさにあふれるモデル「STORM / ストーム」。

“CAPE HORN”のダウンは、実際に袖を通し納得したうえで購入される方がほとんどなのだそうです。その気持ちがわかる商品だと感じました。

金額以上の完成度だと、スタッフからの呼び声も高い「STORM / ストーム」。ブルーが一足先に完売しております。ブラックも残りわずかとなっておりますので、ぜひお早めにご検討ください。

《STUDIO84》に関する重要なお知らせ

いつもSTUDIO84オンラインストア及びgossipオンラインストアをご利用いただきありがとうございます。2017年、石川県金沢市にSTUDIO84の実店舗がオープン。そこから少しさかのぼって、こち...

宮村 仁規 ブログ

WHC第五回チャリティーコンペ

2019.5.19(日)に片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 日本海コースにて行こなわれた「WHC第五回チャリティーコンペ」 総勢97名(男性76名・女性21名)とこれまでよりも、5組増やし25組で盛...

中野 一樹 ブログ

【muta】 星条旗のイメージを落とし込んだ今季の"8キャップ"の大本命!

ゴルフはもちろん、デイリー使いもしたくなるアイコンキャップとして、毎年ブランドの顔と言わんばかりに売れている「ナンバー8キャップ」。今季も多くのデザインで展開されるなか、星条旗のイメージを落とし込んだ...

宮村 仁規 ブログ